アパレルブランド名の
決め方についての解説

自分のアパレルブランドを立ち上げる場合、ブランド名の決め方については少し注意が必要です。

ただカッコ良いからとか、語感が良いからという理由「だけ」でアパレルブランド名を決めてしまったり、事前リサーチや、事業との関連性を考慮せずにブランド名を決めてしまうと、後々事業成長の大きな障害となってしまう事もあります。

ここでは、自分で立ち上げたアパレルブランドを効率的かつ効果的に成長させる為の「アパレルブランド名の決め方」について、これまでの経験を基に解説致します。一つの参考例としてご参照ください。

アパレルブランド名の決め方

■アパレルブランド名の決め方その1:長すぎず、読みやすく、覚えやすい

アパレルブランド名の決め方その2:事業目的との整合性

アパレルブランド名の決め方その3:オリジナリティ

■アパレルブランド名の決め方その4:検索確認

■アパレルブランド名の決め方その5:商標確認

■まとめ

アパレルブランド名の決め方その1:
長すぎず、読みやすく、覚えやすい

自分のアパレルブランド名の決め方として、まずは「長すぎず」「読みやすく」「覚えやすい」事が重要です。なぜなら、昨今のビジネスにおいては、インターネットでの検索性と事業の成長性は密接に関係する場合が多い為です。

見込み客は、広告や記事、口コミ等で興味を引いた商品やブランドは、ブラウザやSNS等で検索をしてから情報を収集し、購買するかしないかの判断を行います。したがって何語かよく分からない長いブランド名だと、それだけで検索や口コミの機会を減り、購入に繋がったかもしれない可能性を逃してしまうのです。

新しいブランド名の認知には非常に時間とお金がかかります。情報発信力の乏しい立ち上げ間もないブランドでは、検索しやすさを考慮し「長すぎず」「読みやすく」「覚えやすい」ブランド名にする事をおすすめします。

アパレルブランド名の決め方その2:
事業目的との整合性

アパレルブランド名の決め方として、事業目的との整合性もしっかり考慮しておきましょう。

たまにですが、事業の目的とブランド名があまり一致していないブランド名がつけられているケースを見ますが、こういった場合ほとんどのケースで事業の方向性にブレが生じています。

(例えば社会貢献目的の事業なのに、破壊的・アンダーグラウンド的なブランド名など)

進むべき方向性が定まらずに効率的な事業成長はあり得ません。まずは事業の目的を定め、それを土台としてブランド名を決定する事をおすすめします。そうする事で事業目的との整合性が保たれ、進むべき事業の方向性が明確となる為です。

アパレルブランド名の決め方その3:オリジナリティ

アパレルブランド名の決め方として、オリジナリティも重要です。

基本的には自分のブランド名は自由です。スペルが違っていようと、造語であろうと自由です。むしろ他には無いオリジナリティのあるブランド名の方が個性があり、印象に残りやすいです。

事業を続けていると、接客や商談の場面等でブランド名の由来について聞かれる事は非常に多いです。そういったシーンで明確な理由をもってブランド名の由来を説明出来れば、ブランドに対する評価に繋がります。

おすすめのパターンとしては、まず事業の目的を定め、その範囲の中で連想されるワードを書き出し、そのワードを繋げてブランド名にするという決め方です。

つまり、「事業の目的は●●なので、××と■■というワードを組み合わせてこのブランド名にしました」という説明が出来ると、あらゆるシーンで役立つと思います。

アパレルブランド名の決め方その4:検索確認

ブランド名が決まったら、必ずグーグル等の検索エンジンにて自分のブランド名を検索しましょう。

自分のブランド名で検索される事を「指名検索」といいます。検索エンジンで指名検索を行った時に自分のブランドのサイトが検索上位に表示されない場合、ビジネスの成長可能性が著しく低下します。

したがって事前にブランド名の候補をいくつか挙げておき、各候補名で検索を行い、指名検索を行った時に自分のWEBサイトを上位に表示出来るかもチェックしておく必要があります。

自分のブランド名が巨大企業の商品やサービスと同じ名前だったり、自分のブランド名と同じ商品やサービスが複数ある場合は、ブランド名を変更した方が良いでしょう。

アパレルブランド名の決め方その5:商標確認

自分のアパレルブランド名の決め方として、最後に特許庁のサイトから商標登録の確認をしておきましょう。同一の商品区分に同じ名前のブランドは登録出来ません。

つまり自分のブランドの商品区分と同じカテゴリーに既に同じ名前の商標が登録されていた場合、そのブランド名は使用する事が出来なくなってしまいます。

ブランド活動をスタートさせた後に、ブランド名を変更しなければならないという状況を避ける為にも商標の事前確認はしっかりとしておく事をおすすめします。

まとめ

以上アパレルブランド名の決め方について解説しました。

上記でも説明した通り、ブランド名の決め方は基本的に自由ですが、事業の効率的な成長性を考慮するといくつか注意点があると認識しておきましょう。

アパレルブランドの
立ち上げ・成長を
オールインワンサポート

個人向けサポート

1.ブランド立上げの準備から成長をオールインワンサポート

2.必要な知識とスキルを選択して身に着ける事が可能

3.経験豊富な経験者による直接個別指導

※無料相談&無料体験実施中

法人向けサポート

Product Brand Challenge(プロダクト・ブランド・チャレンジ)は豊富な事業立ち上げ・成長サポート経験がございます。法人向けサポート詳細はこちらからご確認下さい。