ー Interview:1 

“まずは一歩を踏み出して行動してみる事が
何より大事だと思います。”

受講生インタビュー


ーー自分のブランドを立ち上げようと思ったきっかけについて教えて下さい。

Yurikaさん:小さい頃から洋服が好きで、いつかは自分のブランドを作りたいという思いがずっと頭の片隅にありました。今は個人でブランドを立ち上げている人も多く、そのような人をみて自分もやってみようと思えたのがきっかけでした。また、企画からWEBサイト運営など一連の流れを経験してみたいという思いもありました。


ーー自分のブランドを立ち上げるにあたり、どんな不安や悩みがありましたか?

Yurikaさん:私自身アパレル経験がなく、身近にアパレル関係者や相談できる人もいなかったので、まず実際には何から始めればよいのかという部分がわからず不安でした。また、中でも特にECサイト運営やプロモーションなどの部分において全く経験がなかったのでその点も不安だったと思います。


ーーProduct Brand Challenge(プロダクト・ブランド・チャレンジ)の個別サポートサービスを利用しようと決めた理由は何ですか?

Yurikaさん:自分が知りたい部分だけをピックアップしてサポートを受けられるという所が効率的だと思ったのが一番の理由でした。その他にも無料体験の際にアパレルの全体像など説明をしていただき、自分が今後やっていくことなどのイメージができましたし、経験者から直接話が聞ける点もいいと思ったからです。


ーープロダクト・ブランド・チャレンジの個別サポートを受けて良かった点はどんなところですか?

Yurikaさん:まず何から始めればよいのか全く分からない状態でしたが、そのゼロの状態からブランド立ち上げや運営に必要な知識や情報を得ることができ、自分でもできそうだと思えるようになれたところがよかったと思います。自身の体験談などを踏まえたお話が聞けたのもよかったと思います。


ーー今、自分のブランドを立ち上げたいと悩まれている人たちにメッセージをお願いします。

Yurikaさん:今は店舗を持たずとも誰でも簡単にブランドを立ち上げることができる時代だと思います。私のような未経験であっても一歩を踏み出してみることでやるべきことというのが見えてくるかと思うので、まずは行動してみるということが何より大事ではないか思います。

ー Interview:2 ー

“将来事業を立ち上げたかったが、
まず何をしたらよいのか全くわからない。
そんな現状を変えたいと思っていた”

受講生インタビューその2


ーー自分のブランドを立ち上げようと思ったきっかけについて教えて下さい。

遠島さん:学生時代に様々なボランティア活動に参加して、そこで支援してくださっていた多くの社長に出会い、将来自分も事業を立ち上げ自分がしてもらったように多くの学生を支援したいと思っていました。自衛隊に入隊しお金をためて、漠然と何か飲食を立ち上げようと思っていた中、ベルクロワッペンに出会いベルクロワッペンの魅力に惹かれました。そこで一般的に認知されていないベルクロワッペンの存在を多くの方に認識してもらい、その魅力を多くの方に知っていただきたいという思いからブランドを立ち上げようと思いました。


ーー自分のブランドを立ち上げるにあたり、どんな不安や悩みがありましたか?

遠島さん:正直ブランドを立ち上げるにあたり、不安要素は数えきれないほどたくさんありましたし、今もたくさんあります。アパレルの経験や知識、人脈が皆無なことや、資金面の不安、もし失敗したらなど考えれば考えるほど、悩みどころ満載です。


ーーProduct Brand Challenge(プロダクト・ブランド・チャレンジ)の個別サポートサービスを利用しようと決めた理由は何ですか?

遠島さん:私はオシャレでセンスがあるわけでもなければ、アパレルの経験や知識があるわけでもなく、本当に不安要素が多い中、一人で活動していて、先が見えなく、次何をやればいいのか、何がわからないのかもわからない。そんな現状を変えたいと思っていた中、プロダクトブランドチャレンジを知り、今の自分にぴったりだと思い、個別サポートサービスを利用させていただこうと思いました。


ーープロダクト・ブランド・チャレンジの個別サポートを受けて良かった点はどんなところですか?

遠島さん:本当に不安要素が多い中、実際にブランド立ち上げて成功されてる代表の山本さんのお話や考えを聞けて、週に一度決まった時間に個別サポートを受けれる環境がとてもいいなと思ってます。サポート時間の最後に質問の時間を設けていただき、その場で的確なアドバイスをいただけるのもとても良いなと思います。優しく丁寧にわかりやすく説明してくださり、時には笑いもあり、楽しく学ばせていただいています。


ーー今、自分のブランドを立ち上げたいと悩まれている人たちにメッセージをお願いします。

遠島さん:ブランドを立ち上げたいが悩まれている方は、不安要素が大きく、わからないことが多いから悩まれているんだと思います。わからないことに手を出すのはとても勇気のいることだと思います。その最初の一歩勇気をだして踏み出せるかどうかだと思います。私はその一歩をプロダクトブランドチャレンジのおかげで踏み出すことができました。